不眠症は健康を害する

自律神経失調症と自分で判断するのは難しいです

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つのバランスが崩れ、身体の色々な部分に起こる症状の総称のことです。

 

症状はさまざまで、めまい、過呼吸、不眠症、情緒不安定、被害妄想、鬱状態といったように、精神的な面に表れることが多いです。
また、自立神経は内臓の働きにも関係しているので、過敏性大腸炎のような、下痢や便秘を繰り返すと言った症状が出る場合もあります。
症状の携帯が多岐に亘るので自律神経失調症ではないかと本人が気付くまでに時間がかかることもあります。

 

治療は心療内科や神経科で行います。
治療は抗不安剤の処方ヤカウンセリング、睡眠の周期を整える行動療法等ガ行われます。聞いたサイトはこちら⇒金本博明クリックしてください

 

また、昔から行われるのが自宅でも出来る自律訓練法です。
床に仰向けに寝て両手は身体の横に置き、少し暗くした部屋で、まず「両手が段々重くなる・・・」と何度も唱えます。本当に両手が重くなってきたら、「両足が段々重くなる・・・」と唱えます。心の中で唱えてもOKです。

 

次は「両手両足が重くなる」「身体が重くなる」「私は落ち着いている」と、段々身体全体が落ち着いてリラックスしている様子をイメージしていくことで、心因的なストレスを軽減し、症状を良くしていきます。