電子タバコに移行しました

電子タバコに移行しました

タバコの害が叫ばれるようになってから、喫煙者は何かと肩身の狭い思いをしていると思います。

 

私もかつてはタバコを吸っていたので、現在のように喫煙スペースという限られた空間でしかタバコを吸えないというのは、喫煙者はさぞ不便さを感じている事だろうと思っています。
もっとも、私の場合はヘビースモーカーではなく、お酒を飲んだあとや気分転換に1、2本程度のものでした。
必見!電子タバコの購入を考えている方

 

ある時、書店で電子タバコが売られているのを目にしました。
何で書店で売っているのだろうと興味を惹かれ、どういうものか試してみたいという気持ちもあったので買ってみる事にしました。

 

電子タバコは充電式です。タバコケースの形をした本体にプラグが格納されていてコンセントに差して充電できるようになっています。
本体にはタバコの胴体部分になる部品とタバコの葉の役割をする筒状のカートリッジが付いていて、これを取りだして使います。
カートリッジは3種類あって、それぞれ味というか香りが違うようです。

 

実際に吸ってみると、甘い香りがしました。3種類ごとに味が違うとの事でしたが、明確な違いまではわかりませんでした。

 

電子タバコを吸うと本体から水蒸気が発生します。
水蒸気は特に熱いとか冷たいとかいう事はないので心配ありません。この水蒸気が発生する事で、本物のタバコを吸っている時のように煙を吐く事ができます。
タバコを吸っている感を演出してくれるという訳です。

 

甘い香りというのは本物のタバコにはない事で、また、水蒸気が発生してそれを吐き出すというのもなかなか面白く、元々ヘビースモーカーではなかった私は次第に電子タバコに移行していきました。

 

カートリッジは消耗品なので交換が必要ですが、それ以外は必要ありません。
タバコを時々吸うけどにおいや健康が気になる人は、電子タバコが合うかも知れないので試してみるのもいいかと思います。